国際結婚で海外夢生活を送る日記

アメリカ人の夫と息子3人と一緒に海外で夢を実現しながら生活

日記

日本人に不足しがちな英語のスキル。

投稿日:2016年12月28日 更新日:

こんにちは。愛花です。

今日は皆さんにとっておきの英会話法をシェアしたいと思います。

 

私は国際結婚組で、アメリカ人の主人がいます。
日本で結婚して子供3人も日本で産みました。

 

日本で生活している時に

 

「家では何語で喋ってるんですか?」

 

という質問をよく受けました。

 

その時は「日本語」がメインでしたが
マレーシアに引っ越してからは「英語」になりました。

 

アメリカ人と結婚 =  英語ペラペラ

 

という図式が出来上がっていて
「伝染病じゃあるまいし、隣に何年座っててもペラペラにならないわよっっ!」
って思ってた時期もありますが、世間はそうは見てくれず
肩身の狭い思いをしたものです。

 

マレーシアに引っ越してからは
英語で話さざるを得ない環境が手に入り
ろくにテキストで勉強したわけでもなし、
出川哲朗さんみたいに3歩あるいたら忘れる程
記憶力の無さに自信ありますし、
学生時代でも英語は得意科目ではなかったですが
話せるようになってきました。

 

[話せるようになった理由]

 

そんな私が日常会話を英語で喋れるようになったのは
日本で生活している時から

 

「リスニングの量が断然多かったから」だと思います。

 

私の場合は主人がアメリカ人ですが
日本語ペラペラですし、
私のまどろっこしい英語で会話するよりは
日本語で会話した方がスムーズに事が運ぶため
怠け心むき出しだった私は彼の日本語に甘えていました。
生活が困らなかったんです。

 

それでも、彼が自分の両親や友達と電話で話す時は
もちろん英語ですし、パソコンの画面も英語ばっかり、
見る映画や動画は英語のみ、本も……

 

それだけでなく、子供のために贈られてくる
アメリカからのDVD、絵本、オーディオブック、
カードなども、もちろん英語。

 

子供とお父さんのやり取りは英語。

 

自分が英語を話さなくても、
「たくさん英語を聞いていた」んです。

 

不思議と子供のアニメのDVDでも
しつこいくらい見ていると
何を言っているのかわかってきます。

 

全部はわからなくても、
主人が電話で何について話しているのかわかってきます。

 

[たくさん聞くとどうなるか?]

 

たくさん英語を聞くと、
・聞いているうちに単語がキャッチ出来てくる。
・お決まりのフレーズが覚えられる。
・わからない単語でもイメージがつかめてくる。
・自分の発音が本物チックになる。

 

今まで日本で英語を頑張って勉強してきた人は
「読み・書き」が得意かもしれません。
でも会話には「聞く・話す」を重視しなければいけません。

 

今はYouTubeだったりアプリなどを使えば
簡単に英語が聞ける時代です。
自分の興味のあるジャンルからでいいので
毎日聞いてみましょう。

 

ドラマが好きな人は海外ドラマ、
コメディ好きな人は海外コメディ番組、
ギター好きな人は英語でやってるレッスンを聞いてみるとか。

 

意味がわからないのを何回聞いても時間のムダ
って思うかもしれませんが、
それはそれ、これはこれで両方やったらいいと思います。
自分の好きなジャンルだったら
楽しく続けられるし、
聞き取れなかった時、どーしても知りたくなるじゃないですか?
モチベーションアップにつながります!

 

[聞き取れないとどうなるか?]

 

これは、結婚当初私が主人の実家に行った時の状態だったのですが
ズバリ、「透明人間」になります。(笑)

 

今でこそ笑えますが、その時はショックでした。
会話もなにも言っていることが理解できないので
返事のしようがなかったのです。

 

それでも存在を無にしてはいけないと
頭の中で必死に考えた質問をしてみるのですが、
返ってきた答えが聞き取れない。涙

 

そしてまた違う新たな質問→答え聞き取れない

 

これを繰り返して自己嫌悪のサイクルにハマっていったことは
言うまでもありません。

 

[まとめ]

 

英語を上達させようと思った時、
読んだり書いたりするのも大事ですが
日本では不足がちかな?と思える
「リスニング」について書いてみました。
毎日の生活に、自分にあったスタイルで
「リスニング」を取り入れてみて下さいね。
そしていっぱい間違えて恥ずかしい思いしてください。
それが一番早い上達方法です。
間違えるのを上達のステップだと思えば
いつでも順調と思えますよ。

 

それではまた次回。

 

スポンサーリンク

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の手動式鉛筆削りはコレに決定!

こんにちは。愛花です。 先日一番下の息子が勉強中に鉛筆を削っていました。 息子「Our pencil sharpner is broken!」えーーーー!! 鉛筆削りが壊れた!?……ショック。゚( ゚ …

知っておくべき着物7種

こんにちは。愛花です。   今日は成人式でしたね。 成人を迎えられた皆様、おめでとうございます。 大人の仲間入りですね。   成人式といえば「振袖」ですよね。 私は着物大好きで、着 …

両親に送る感動の泣けるプレゼント。

こんにちは。愛花です。 突然ですが、今日は私の両親の結婚記念日なんですよねー。 誕生日とか記念日など特別な日に何か贈り物をしてあげたい。 マレーシアに住んでいると、お祝いに駆けつけてあげることもできず …

捨て猫拾うその前に

こんにちは。愛花です。 最近私たちが住んでいるコンドミニアムに捨て猫が住み着いたみたいです。 親猫1匹と子猫2匹です。 施設の一角のドアの隙間を利用して、そこを住処としているみたいです。最初は少し怯え …

母の日の義母へのプレゼントは何を?金額と贈り方マナー

こんにちは。愛花です。 最近「母の日」に何をあげようか考えています。自分の母には、つまみ細工でブローチを作る予定です。母も布好きなので喜んでくれるんじゃないかと思っています。 義母には何をしたら喜んで …